☏で予約 03-3527-2501

  LINEから予約(5/30から) 

  Webサイトから予約(5/30から)

人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック
めまいの外来・耳鼻咽喉科・漢方耳鼻咽喉科

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-5
DJK人形町ビル3階
TEL: 
03-3527-2501

「めまい」で受診される方へ


現代のめまいの多くは純粋に耳鼻科の疾患名がつかないめまいが多く、西洋医学的には検査で異常がないめまい、自律神経失調を伴うこと、その原因もさまざまです

一般的な治療では改善は難しい方、他院で調べたけれど原因がわからないめまいの方も、症状の背景にある原因をとことん探り、日常生活で注意するべきことの指導など患者さん一人ひとりに適した治療をおこなってまいります

以前から原因不明のめまいにお悩みの方や、脳の検査や耳鼻科の検査では特に問題はないと言われたという方も、

詳しい検査や治療についてぜひお電話でお問い合わせください

当日でも可能な限り対応をさせて頂きます


人形町耳鼻咽喉科めまいクリニックのめまい診療の特徴

:原因をとことん追求していきます

:話をじっくり伺います!

人形町耳鼻咽喉科めまいクリニックでは、大学病院のめまい外来で実績を積んできた「めまい相談医」が対応します

〜診察の流れ〜

1) 初診時には

・めまいの起きた時間・状況などを詳しくお聞きします

・足踏み検査、赤外線CCDによる眼振検査

・重心動揺計

・聞こえの検査、鼓膜の検査


まず、耳鼻咽喉科学的めまいがあるかどうかを診ていきます。



2)検査結果を踏まえて、さらに追加で必要なことを伺ってまいります


めまいの背景には、その方の個人的な環境因子

・一見めまいと関連性がないように思われる他の疾患

・日常生活の生活習慣・背景・姿勢

・運動の頻度・お仕事の状況

・ご自身の考え方の習慣   

と、結びつくことも意外と自分では気付かないこともあります



めまいには、検査では異常が確認できないものや自律神経失調症に起因するもの、天気により症状が出現したり悪化すること(気象病)など

耳鼻科の典型的な疾患には該当しないものなど様々な種類があり、いろいろな要素が少しずつ混ざっている場合もございます


3)治療方針

・西洋医学的投薬と漢方医学的な考え方を交えて一人ひとりのオーダーメイドで治療の方針を組み立てていきます

治療は理学療法、投薬治療だけでなく、お話をすることも治療の一つと考えております


<理学療法について>

一般的な耳鼻科の耳石が動くことで生じる良性発作性頭位めまい症の理学療法、前庭リハビリの実践、指導だけでなく、

耳鼻科を超えた理学療法も行い、日々気をつけることをお話ししていきます。


<お話しも治療の一つ?>

めまいのつらさや日常生活への影響などを、周囲になかなか理解されず、苦しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

お話しをするだけでも気持ちが楽になるかもしれません


心の状態、日々の不安や神経過敏になっていたり、

でも周囲に話せないし・・・という状態の蓄積で、身体に影響を受けることがあります


最後に、

ドクターは治療を行うものですが、アドバイザーでもあります

めまいは自分でお話をしていくことで、自分が気づくこと、腑に落ちることがとても大事です

その気づきに結び付けられるアドバイザーになれることを目指します


※診察の結果、心療内科・脳外科など他科医師の診察が必要な場合には専門の病院へご紹介となる場合があります

※MRI・CTが必要と判断した場合には画像専門クリニックへご紹介にて撮像、当院で結果を反映することができます

めまいで受診される方へのお願い

今までめまいで他の医療機関を受診された患者様につきましては、

・投薬履歴(できればお薬手帳)

・診察・検査結果(聴力検査、採血検査の結果など)

・MRI結果

・今までに受診された病気・病名や通院歴:めまいに関係なさそうな病歴もお願いします

など、わかる範囲で資料をお持ちいただきます様お願い申し上げます

※今までの症状をメモなどで列挙してしてただくとより診察がスムーズになります

初めて急に起きためまい:緊急性のある脳・循環器からのめまいのこともあります

めまいの急性期(突然起きた最初の時期)には耳鼻科的でなく、脳や心臓から来ている場合もあります

・頭を動かしたなどの誘因ではなく、突然頭痛などとともに、めまいが起きる

・言葉がうまく話せない(構音障害)

・口の周りがしびれるとか、立ち上がることができない

・意識消失が起きる

この様な時はまず内科・脳神経内科、脳外科に受診くださるようお願いいたします

※また、当院では点滴治療が出来ないため、動けない、水分が取れない時には、まず点滴できる病院・救急の受診をお願いいたします

めまいの症状とともに、聞こえ方が変化した症状

耳鳴り・耳が詰まった感じ・聞こえないという症状が突然2週間以内に起こった方

急激に内耳の音が悪化した場合には2週間以内の治療が必要な場合があるため、早めにご連絡ください

当院で診察しているめまいについて


主に当院で対象、診察している代表的なめまい疾患は下記です

・良性発作性頭位めまい症(BPPV:Benign Positional Paroxymal Vertigo)

・突発性難聴に付随するめまい 

・外リンパ瘻

前庭神経炎

・メニエル病/メニエル症候群・遅発性内リンパ水腫  

耳硬化症に付随するめまい

・偏頭痛関連性めまい

・中耳炎の後遺症や慢性中耳炎による内耳性への影響でのめまい

・頸性めまい・椎骨脳底動脈循環不全

・神経血管圧迫症候群

・持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)

・自律神経失調症・PMS(月経前症候群)・気象病としてのめまい

・心因性めまい(背景の心因性が強いときには心療内科の併診をご紹介してお願いすることがあります)

・脳脊髄液減少症(疑うときは専門病院へのご紹介をさせて頂きます)

・その他