人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック
めまいの外来・耳鼻咽喉科・漢方耳鼻咽喉科

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-5
DJK人形町ビル3階
TEL: 
03-3527-2501

※ 電話による完全予約制です。初診・再診予約ともに2週間前から予約が取れます。

医院案内

医院名 人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック
住所 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-35-5
DJK人形町ビル3階
診療科目 耳鼻咽喉科・漢方耳鼻咽喉科
電話番号 03-3527-2501

交通案内

地図

  • 半蔵門線 水天宮前駅 7番出口 徒歩3分
  • 日比谷線 人形町駅 A1出口 徒歩4分
  • 都営浅草線 人形町駅 A3出口 徒歩6分
  • 都営新宿線 浜町駅 A2出口 徒歩7分

「めまい」で受診される方へ

  • 当クリニックのめまい診療は自費診療になります。
  • 受診時に問診票にご記入いただいてお持ちください。問診票ダウンロード

人形町耳鼻咽喉科めまいクリニックでは

大学病院のめまい外来で実績を積んできた「めまい相談医」が対応します。


人形町耳鼻咽喉科めまいクリニックでは、

・めまいの起きた時間・状況をお聞きし、

・足踏み検査、赤外線CCDによる眼振検査

・重心動揺計

・聞こえの検査、鼓膜の検査


まず、耳鼻咽喉科学的めまいがあるかどうかを

診ていきます。


投薬治療では西洋医学的投薬と漢方医学的な考え方を交えて行います。

また、前庭リハビリ指導、日常生活で心がけることのポイントなど総合的に行っていきます。


また、

めまいの背景には、その方の環境因子

・日常生活の生活習慣・背景・姿勢

・ご自身の考え方の習慣

意外と自分では気付かないこともあります。


自律神経失調も合併し、天気により症状が出現したり悪化すること(気象病)もあります。

心の状態、日々の不安や神経過敏になっていたりが蓄積することは、身体に影響を受けることがあります。

総合的に診察できる医療を目指してまいります。

(なお、判断の結果心療内科、脳外科専門が必要と判断した場合には専門病院へご紹介となります。)


めまいで受診される方へお願い

今までめまいで他の医療機関を受診された患者様につきましては、

・投薬履歴(できればお薬手帳)

・診察・検査結果(聞こえの検査、診断結果)

・MRI結果

・今までに受診された病気・病名や通院歴:めまいに関係なさそうな病歴もお願いします。

など、わかる範囲で資料をお持ちいただきます様お願い申し上げます。

※今までの症状をメモなどで列挙してしてただくとより診察がスムーズになります。

※ 初めて急に起きためまい:緊急性のある脳・循環器からのめまいのこともあります

めまいの急性期(突然起きた最初の時期)には耳鼻科的でなく、脳や心臓から来ている場合もあります。

・頭を動かしたなどの誘因ではなく、突然頭痛などとともに、めまいが起きる。

・言葉がうまく話せない(構音障害)

・口の周りがしびれるとか、立ち上がることができない

・意識消失が起きる

この様な時はまず内科・脳神経内科、脳外科に受診くださるようお願いいたします。

※また、当院では点滴治療が出来ないため、動けない、水分が取れない時には、まず点滴できる病院・救急の受診をお願いいたします。

※ めまいの症状とともに、聞こえ方が変化した症状

耳鳴り、耳が詰まった感じ、聞こえないという症状が突然2週間以内に起こった方。

急激に内耳の音が悪化した場合には2週間以内の治療が必要な場合があるため、早めにご連絡ください。

当院で診察しているめまいについて


主に当院で対象、診察している代表的なめまい疾患は下記です。

・良性発作性頭位めまい症(BPPV:Benign Positional Paroxymal Vertigo)

・突発性難聴に付随するめまい 

・外リンパ瘻

前庭神経炎

・メニエル病/メニエル症候群・遅発性内リンパ水腫  

耳硬化症に付随するめまい

・偏頭痛関連性めまい

・中耳炎の後遺症や慢性中耳炎による内耳性への影響でのめまい

・頸性めまい・椎骨脳底動脈循環不全

・神経血管圧迫症候群

・持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)

・その他:

自律神経失調症・PMS(月経前症候群)・気象病としてのめまい

心因性めまい(背景の心因性が強いときには心療内科の併診をご紹介してお願いすることがあります。)

脳脊髄液減少症(疑うときは専門病院へのご紹介をさせて頂きます)


※鑑別診断を行ったのち、脳神経外科・整形外科・心療内科などへの併診を必要とする場合があります。

※原因は一つだけでなく、様々な病態が組み合わさってめまいが生じていることがあります。

※当院ではめまいの病態に合わせて、西洋医学的投薬と漢方の投薬を組み合わせ、日々の日常生活の改善点などを見つけ、改善していくことを中心に診療していきます。